アーブルオランジュ・スタッフブログ
静岡県浜松市の結婚式会場・ゲストハウス

10.23 結 ~すべての出逢いにありがとう~

本日もアーブルオランジュで素敵な新郎新婦が誕生いたしました


新郎ひでとさん
新婦あずささん



おふたりと話すと自然と明るく笑顔になれる
とっても優しさの溢れる新郎新婦のおふたりです


おふたりの一日はファーストミートから始まりました

なんとこのファーストミートでは
ひでとさんとあずささんのそれぞれがお互いにサプライズを用意していました

あずささんへの想いを込めた手紙を携え
チャペルへ向かうひでとさん

扉が開くと
あずささんとの思い出の詰まった写真と大切な方々からのメッセージの入ったアルバムがありました
こっそりあずささんが用意されたサプライズプレゼントです

そんな想いのこもったアルバムに目を通していただき
いよいよ対面の瞬間です

対面後
優しくあずささんを抱きしめるひでとさん

ひでとさんからもあずささんへ向けた手紙を読みます

あずささんの目には涙が浮かび
しっかりと想いを受け止めていただきました

そして
あずささんからも手紙のサプライズ

ひでとさんにもしっかりと想いを受け取っていただき

おふたりそれぞれのお互いへの想いが
じんわりと伝わってくるファーストミートの時間になりました


挙式は教会式
挙式では新郎新婦とご家族の結びつきを強く感じる式となりました


ひでとさんの入場時にはひでとさんのお父様より
ジャケットを着せていただき花婿支度を整えていただきました

あずささんの入場はお父様お母様と家族3人でご入場
お母様からベールダウンをしていただき
お父様と共にバージンロードを進まれました


そして
式のクライマックスにはファミリーオースを行い
新郎は新婦家の
新婦は新郎家の子となり
ひとつの大きな家族が誕生しました



ファミリーオースには
「家族の結びつき」という意味があります

新郎新婦が誕生したのと同時に
素敵なご家族が生まれた挙式となりました



披露宴からはたくさんの笑顔を届ける時間です!


披露宴の目玉イベント
「ケーキセレモニー」では
おふたりこだわりのケーキが登場


そんなケーキにふたりでナイフを入れていただきました!

ファーストバイトでは
新郎家のお姉様がひでとさんの釣り竿をもって登場!

こちらは
あずささんとお姉様によるひでとさんへのドッキリサプライズ
ひでとさんもナイスなリアクションでした!

自慢の釣り竿にお魚型のクッキーを付け
あずささんとひでとさんによる綺麗な一本釣りバイトとなりました!





そんなおふたりのお色直し入場では
ひでとさんがあずささんをお姫様抱っこをしてのご入場!

ガーデンのキャンドルもより一層おふたりを際立たせました!



お色直しの入場後には

ひでとさんのご友人の皆様が
ご余興にて会場を楽しませてくださり

余興の中で
ひでとさんからあずささんへの
サプライズプロポーズもあり
会場を笑いと涙で盛り上げていただきました!


あずささんのご友人からのご余興ムービーでは
サプライズでのあずささんからのメッセージ映像が流れ
会場すべてが温かな気持ちになりました


新郎新婦の想い
家族やご親族
ゲストの方の気持ち

そのすべてが繋がり結びつき
出来上がった素敵な結婚式の一日でした


ひでとさん あずささん
ご結婚誠におめでとうございます!
いつも明るく笑顔いっぱいの優しいおふたり
そんなふたりだからこその想いの詰まった結婚式の一日になったと感じます!
ふたりとの打ち合わせではいつもたくさんの元気をもらっていました!
とっても楽しい打ち合わせを過ごすことが出来て幸せいっぱいでした!
これからお会いできる機会が少なくなってしまうのは寂しいですが
ぜひアーブルオランジュのイベントには参加してくださいね!
また元気な姿が見たいです!

改めて ご結婚本当におめでとうございます!
またいつでも遊びに来てくださいね!



アーブルオランジュ
栗林歩希

静岡県浜松市の結婚式場・ゲストハウス
アーブルオランジュ

2019年6月、浜松市にNEW OPEN!
浜松駅より車で8分
木々の緑が溢れる貸切邸宅で
1組貸切の結婚式を

■公式サイト
チャぺル、パーティ会場の紹介や
お得なキャンペーン・プランなどはこちら
https://www.arbre-orange.jp/

■試食付きブライダルフェア開催中
https://www.arbre-orange.jp/fair/
フェア・見学専用ダイヤル:053-442-7080

■公式インスタグラム
https://www.instagram.com/arbre_orange_guesthouse/

■ご友人紹介キャンペーン実施中
https://www.brass.ne.jp/conti-story/festival/form/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です